妊娠中のビタミンAの心配なし!マカナは鉄も含む葉酸サプリ

ビタミンAと鉄

身近な栄養素として知られているビタミンAとは、いったいどんな成分なのでしょうか。まずビタミンAには二種類あります。ひとつはレチノール、そしてもう一つはβカロテンです。どちらも水には溶けにくい性質を持っていて、脂に溶けやすい脂溶性のビタミンです。

 

レチノールは動物性食品に多く含まれているビタミンで、主にウナギやレバーなどから摂取できます。ビタミンAの成分と言えばメジャーなのはこのレチノールになります。

 

一方βカロテンは緑黄色野菜に含まれていて、体内に入るとビタミンAと同じ作用をもたらす物質に変化します。βカロテンのように体内で変化するビタミンAの事をプロビタミンAと言います。

 

ビタミンAとは?働きや特徴について

ビタミンAはどのような特徴を持っていて、どのような働きをしてくれる成分なのでしょうか。ビタミンAにはいろいろな働きがありますが、鼻や気管支などの粘膜を保護する働きをしてくれます。

 

こうした粘膜をビタミンAが保護してくれることで、外から体内に入ってくる病原菌やウイルスから体を守ってくれるのがビタミンAです。ですから、普段からビタミンAが不足しないように気をつけて摂取しておけば、体の免疫力を保って健康でいられるのです。

 

また、もう一つあまり知られていないビタミンAの特徴がロドプシンの性質です。ロドプシンは暗順応に効果がある成分です。暗順応とは、暗いところでだんだん目が慣れて見えるようになることを言います。

 

ビタミンAが不足するとどうなるの?

栄養バランスが偏ってしまい、ビタミンAが不足すると実際にどのようなことが起こるのでしょうか。ビタミンAは鼻や気管支などの粘膜を保護して病原菌やウイルスから体を守ってくれる働きをしていますので、不足してしまうと粘膜が乾燥し、同時に免疫力も低下します。

 

免疫力が低下すると、病原菌やウイルスから体を守ることができなくなり病気になりやすくなります。さらにロドプシンが正常に作られなくなってしまうので、暗い場所で視界を確保することが難しくなる場合もあります。これがひどくなってくると夜盲症となり、暗い場所では全く目が見えない状態になってしまうこともあります。

 

風邪を引くとビタミンCを取ろうとする方が多いですが、実はビタミンAを摂取して体の免疫力を高めることもとても重要になるのです。普段からバランスの良い食事をとってビタミンAが不足しないようにしていれば、年齢と共に低下していく免疫力を高めたり維持することができるので、普段から病気にかかりにくい健康で丈夫な体を作ることができます。こうしたことから、緑黄色野菜を摂取することは重要だと言えます。

 

妊娠中にビタミンAの摂取がダメだと言われているのはなぜ?

ビタミンAと鉄

ビタミンAは体を病原菌やウイルスから守ってくれる大切な役割をします。ビタミンAをしっかり取っていれば、体の免疫力は高まるのでちょっとしたことで病気にかかったりしない丈夫な体を作り上げることができるからです。

 

しかし、このビタミンAは妊娠中の方は過剰摂取に気をつけなくてはならないといわれています。なぜ妊娠中に限ってビタミンAの過剰摂取に気をつけなくてはならないかというと、ビタミンAのレチノールは肝臓に蓄積しやすく、そのうえ体外に排出されにくいという特徴を持っているからです。

 

もし、妊娠中にビタミンAを過剰に摂取してしまって体内に蓄積した場合、お腹の中の赤ちゃんが奇形になってしまうリスクが高くなると厚生労働省も警告しています。妊娠中でも特に妊娠初期である15週頃まではビタミンAに限らず母親の食べ物による影響を大きく受けやすいので、ビタミンAの過剰摂取には注意が必要です。(参照:「健康食品」の安全性・有効性情報)

 

妊娠中に気をつけなくてはならないのはビタミンAでもレチノールの方なので、例えばレバーやウナギなどビタミンA(レチノール)が多く含まれた食材は食べ過ぎてしまわないようにしなくてはなりません。

 

脂溶性ビタミンは体内に蓄積されやすい

ビタミンAは、水に溶けにくく脂に溶けやすい性質を持った成分です。このようなビタミンの事を脂溶性ビタミンと呼びます。脂溶性ビタミンは肝臓など体内に蓄積されやすい性質を持っています。

 

水溶性ビタミンの場合は、過剰に摂取してしまっても尿と一緒に簡単に体外に排出されますが、脂溶性ビタミンはそうはいきません。そのためビタミンAを過剰に摂取してしまうと、その成分が溜まってしまってなんらかの症状を発症することもあります。

 

これが妊娠中ともなると、胎児への影響がとても大きく、胎児が奇形になってしまう可能性もあることから、妊娠中の脂溶性ビタミンの摂取は気を付けなければならないのです。

 

ビタミンAの過剰摂取が妊婦さんに与えるリスク

ビタミンには水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンの二種類があります。ビタミンAは脂溶性ビタミンに分類されます。水溶性ビタミンは、過剰に体内に摂取された場合には、尿として体外へ排出されるので特に体に大きな影響はありません。

 

一方脂溶性ビタミンを過剰に摂取してしまった場合、体内に蓄積されていきます。水溶性ビタミンのように簡単に尿として体外に排出されることはないのです。

 

こうして体内に蓄積されるビタミンAですが、これが妊娠中の妊婦さんだった場合は、様々なリスクが伴います。ビタミンAの過剰摂取でビタミンA過剰症になってしまうと、頭痛や吐き気にめまいが起こるだけではなく、お腹の中の赤ちゃんに先天性の異常や奇形が表れることがあるのです。

 

妊娠中の中でも特に妊娠してすぐから15週目くらいまでの妊娠初期は、胎児は母親が食べたものの影響を大きく受ける時期なので、この時期にビタミンAを過剰摂取してしまうと、直接胎児に影響が出やすくなります。そのため妊娠初期は特にビタミンA(脂溶性ビタミン)の摂取には注意しなくてはなりません。

 

ただし、妊娠中に過剰摂取に気をつけなくてはならないのは、ビタミンAの中でもレチノールの方だけです。もう一つのビタミンAであるβカロテンは、摂取後に体内で必要とされる量だけしかビタミンAに変化しませんので、レチノールのように過剰に体内に溜まって蓄積するといったことはありません。体内でビタミンAに変化しなかったβカロテンは抗酸化物質となる為、過剰に摂取してしまっても母体や胎児に悪影響が出るということはないのです。

 

ですから、ビタミンAでもレチノールが多く含まれているレバーやうなぎのような食品は避けた方が無難かもしれません。一方、ビタミンAでもβカロテンが多く含まれている緑黄色野菜はたくさん食べても問題ありません。

 

どんな食材に多くビタミンAは含まれている?

ビタミンAと鉄

妊婦さんはビタミンAの過剰摂取に気をつけなくてはいけません。しかし、ビタミンAがどんな食材に多く含まれているか知らないと注意できませんよね。そこで、ビタミンAが多く含まれている食材をピックアップしてみたいと思います。

 

まず、ビタミンA(レチノール)が多く含まれている食材ですが、主にレバーです。レバーは豚でも鶏でもビタミンAが多く含まれています。あとはアンコウの肝やウナギなどもビタミンAが多く含まれています。

 

次にもうひとつのビタミンAであるβカロテンが多く含まれている食材ですが、緑黄色野菜です。ホウレンソウやニンジン、モロヘイヤなどがあります。その他唐辛子にも多く含まれています。

特に注意してほしいのが「レバー」。妊娠初期は食べないで!

妊娠すると、お腹に赤ちゃんがいることもあって貧血気味になる方も少なくありません。貧血と言えばレバーを食べて解消するというイメージを持っている方もいると思いますが、妊娠中はレバーには気をつけなくてはいけません。

 

レバーには確かに貧血を解消する栄養素がたくさん含まれていますが、同時にビタミンA(レチノール)も多く含まれているのです。ビタミンA(レチノール)は脂溶性ビタミンなので、たくさん摂取してしまうと体内に蓄積して、胎児へ悪影響を及ぼすリスクがあります。こうしたことから、妊娠中はレバーは極力控えた方が良い食材と言えます。特に妊娠初期は胎児への影響も大きいので注意が必要です。

 

妊娠時のビタミンAの必要性と役割

ビタミンAと鉄

妊娠初期はビタミンAの過剰摂取には気を遣わなくてはなりません。なぜかというと、脂溶性ビタミンは体内に蓄積して胎児の奇形のリスクなどを高めてしまうからです。しかし、妊娠中ビタミンAを一切摂取しなくてよいかというとそうではありません。

 

ビタミンAは体内の免疫力を高めてくれる効果があります。女性は妊娠すると自然と免疫力が低下してしまうので、ビタミンAを摂取して低下した免疫力を戻さないと、風邪などの様々な感染症にかかりやすくなってしまいます。

 

ただし、この時取るビタミンAはレチノールではなくβカロテンです。βカロテンは体内に蓄積して過剰になる恐れがなく、免疫力を高めることができるからです。

 

妊娠さんの1日のビタミンAの摂取量の上限は?

妊婦さんはお腹の中にいる赤ちゃんへの影響を考え、ビタミンAの摂取は注意をしなくてはなりません。どのように注意しなくてはいけないかというと、レチノールの過剰摂取です。

 

レチノールの過剰摂取は胎児へ悪影響を及ぼす危険性があります。しかし、だからといってビタミンAを摂らないことは、母体の免疫力を低下させてしまうのでよくありません。つまり適度なビタミンAの摂取が必要という事になります。

 

では妊婦さんは一日にどれくらいの量のビタミンAの摂取が望ましいのでしょうか。一般成人女性のビタミンA摂取量は700μg程度で、妊婦さんの場合はこれと同等か少し多いくらいと言われています。そして、摂取上限は2700μgとなっています。

 

過剰摂取はダメだが不足するのもダメ!妊娠中の風邪予防にも効果がある!

妊婦さんにとってビタミンAは、必要なものではありますが過剰摂取は避けなくてはなりません。妊婦さんがビタミンAを過剰摂取してしまうと、体内にビタミンAが蓄積してしまって、本人の体調も悪くしてしまいますし赤ちゃんにもよくありません。

 

しかしビタミンAが不足してしまうと、母体の免疫力が低下してしまうのでちょっとしたことで風邪を引いたり、いろいろな病原菌やウイルスに感染しやすくなってしまいます。そうならない為には適度にビタミンAを摂り体の免疫力を高める必要があります。妊娠中は普段よりも免疫力が下がりますので、ビタミンA不足は母体にとってよくありません。

 

βカロテンなら過剰症の心配がない

妊婦さんがビタミンAを摂取する理由は、低下しがちな免疫力を上げて病気から体を守る為です。しかし、ビタミンAには二種類あってレチノールについては、摂取しすぎてしまうと体内に蓄積して生まれてくる赤ちゃんが奇形などのリスクを負うことになりますのでよくありません。

 

そこで妊娠中の女性におすすめなのが同じビタミンAでもレチノールではなくβカロテンです。βカロテンは同じビタミンAですが、レチノールのように過剰摂取した分が体内に蓄積されるということはありません。なぜならβカロテンは体内に摂取されたのちに、必要な量だけビタミンAに変換されるからです。余ったβカロテンは抗酸化物質となるので、βカロテンを過剰摂取しても体に影響はありません。

 

妊娠時のビタミンAの上手な摂り方

ビタミンAと鉄

妊娠中は赤ちゃんがお腹の中で育っていくので妊娠前に比べて貧血気味になったり、栄養不足になりやすい体になります。ですから、しっかりと栄養を取って健康を維持しなくてはなりません。その時に必要な栄養素のひとつがビタミンAです。

 

妊娠中はビタミンAの過剰摂取には気をつけなくてはなりませんが、ビタミンA不足になると免疫力が低下して病気にかかりやすくなってしまうので、ビタミンAは取り扱いの難しい栄養素です。

 

そこで妊娠時のビタミンAの上手な摂り方としてオススメなのが、緑黄色野菜を中心としたビタミンAのβカロテンを取ることです。βカロテンは体内で必要な分だけビタミンAに変換されますが、それ以上増えることはないのでレチノールのように過剰になることはありません。

 

妊娠初期はβカロテンでビタミンAを

妊娠してから15週あたりまでのいわゆる妊娠初期は、母親の食べたものの影響が特に赤ちゃんに伝わりやすい時期でもあります。ですから、この時期にはビタミンAのレチノールを過剰に摂取してしまうことは避けなくてはなりません。

 

レチノールの過剰摂取は赤ちゃんの先天性の異常や奇形のリスクを高めてしまうからです。だからといってビタミンAを摂らないと免疫力が低下してしまうので風邪や感染症など病気にかかりやすくなってしまいます。

 

そこでビタミンAの過剰症を気にせず摂取できるビタミンAがβカロテンです。βカロテンは多く摂っても過剰症になる心配はありませんので、積極的に摂取することができます。

 

βカロテンを多く含む食材

妊婦さんでも安心して食べることができるビタミンAを多く含む食材は、主に緑黄色野菜です。緑黄色野菜にはビタミンAのβカロテンが多く含まれています。ホウレンソウやニンジン、モロヘイヤ、春菊、小松菜、かぼちゃ、チンゲン菜などはとても多くのビタミンA(βカロテン)が含まれています。

 

また、緑黄色野菜は生のまま食べても良いですが、油と一緒に摂取した方が体内の吸収率が高くなるので、サラダで食べるよりも軽く油で炒めたり揚げたり、あるいは油の入っているドレッシングやマヨネーズといったものと一緒に食べることで、より効率よくビタミンA(βカロテン)を摂取できます。ビタミンA(βカロテン)はレチノールのように過剰症の心配はないのでたくさん摂取しても問題ありません。

 

葉酸サプリのビタミンAは上限を超えない配合量に注意しよう!

ビタミンAと鉄

妊活中や妊娠中に摂取する方が多い葉酸は、厚生労働省からも摂取することが推奨されている成分です。妊娠前から葉酸を摂取しておくことで、赤ちゃんの先天性異常などのリスクを軽減できるからです。

 

そこでよく利用されるのが葉酸サプリメントです。女性は普段の食事からだけでは十分な量の葉酸を摂取できないので、妊娠前から葉酸サプリメントを飲むことで必要な葉酸の量を摂ることができます。

 

しかし葉酸サプリメントには葉酸以外にもいろいろな栄養素が含まれています。中にはビタミンAが含まれているものもあります。葉酸の摂取の為サプリメントを飲むのは良いですが、それによってビタミンAの過剰摂取にならないように気をつけましょう。

 

マカナはビタミンAの心配なし!なぜなら配合なし!

ビタミンAと鉄

妊活専門の管理栄養士が作った妊活サプリメントのマカナは、妊活中に必要な葉酸をはじめ、ビタミンB群やビタミンE、ビタミンCに鉄や亜鉛やカルシウムといった多くの栄養素が配合されています。

 

妊娠中は葉酸だけではなくいろいろな栄養素が不足しがちなので、葉酸サプリメントひとつで補うことができるのはとても便利です。しかし葉酸サプリメントの中にはビタミンAが配合されているものもあるので、葉酸サプリメントの飲みすぎによってビタミンAの過剰症となる恐れもあります。

 

しかし葉酸サプリメントのマカナならその心配はいりません。なぜなら、マカナにはビタミンAは一切配合されていないからです。

 

まとめ

ビタミンAと鉄

ビタミンAは体内の免疫力を高めてくれるとても重要な栄養素です。しかしビタミンAの中でもレチノールは過剰に摂取してしまうと体内に蓄積される性質をもっています。これが妊婦さんの場合だと、胎児が先天性の異常や奇形を発症するリスクを高めてしまうので、妊娠中のビタミンAの過剰摂取は避けなくてはなりません。

 

そこでおすすめなのは緑黄色野菜などから摂取することができるビタミンAのβカロテンです。βカロテンは体内で必要な分だけビタミンAに変換されるので、レチノールのように体内に蓄積してしまうということがありません。

 

また、葉酸サプリメントのマカナには、ビタミンAがそもそも含まれていないのでそういった心配をすることなく利用できます。その分、葉酸や鉄分など妊婦の体づくりに必要な栄養素が豊富です。

関連ページ

マカナは楽天から通販できない?購入は【ココ】がおすすめ!
【楽天】日本の通販サイトの大手と言えば楽天市場。妊活サプリ「マカナ」を楽天から購入しようと考えた方も多いでしょう。しかし、購入するなら楽天ではなく【ココ】が最もおすすめです。
【マカナ】主成分の『マカ』は妊活効果なし?科学的根拠を徹底解説!
妊活サプリの「マカナ」に含まれるマカの妊活効果はどの程度あるのでしょうか?マカの効果についてここでは科学的根拠を用いて徹底解説します。
マカナの販売店は【2つ】だけ!公式とamazonどっちがお得?
販売店がたくさんあるのでどこで買うか悩みますよね。妊活サプリ「マカナ」の販売店で有名なのは公式とamazon(アマゾン)。どちらで購入するのがお得なのでしょうか。徹底解説します!
マカナに妊活効果がある原材料&栄養は入ってる!?【全成分まとめ】
いわゆる妊活に期待できる成分や原材料を配合した葉酸サプリを妊活サプリと呼びます。そんな妊活サプリの代表格「マカナ」に効果る成分は含まれているのでしょうか?マカナの全栄養素を解明します。
マカナは飲みにくい?味やニオイはどう?【サプリの形状を徹底検証】
妊娠中はサプリメントの飲みやすさは非常に重要です。飲みにくいものは味やニオイが悪い可能性があります。では妊活サプリ「マカナ」はどうなのか解説します。
マカナは返品可能なの!?定期購入を簡単に解約する方法【徹底解説】
一度購入してあわない場合に返品できれば購入も手軽に試せます。解約する方法もわかればやめるときの心配もいりません。今回はマカナを購入した後に問題になってくる返品や解約について解説します。
【保管場所に注意】マカナの賞味期限も必ずチェックして!
意外と忘れがちな妊活・葉酸サプリの保管場所。マカナも食品なので保管場所や賞味期限には注意しないといけません。正しい保管方法を解説します。
マカナの販売元「株式会社ニューアクション」の【評判】を暴露!
妊活サプリのマカナを販売しているのは、株式会社ニューアクションが作ったNA-shop(エヌエーショップ)という販売店です。そんな販売店の評判を調査しました。
マカナは効果なし!?真相を徹底調査【実際の口コミ15選】
大人気の妊活サプリ「マカナ」ですが、妊活に効果はあるのでしょうか。実際に購入された方の口コミを徹底調査しました。
マカナの激安通販【最安値で購入できる販売店はココでした】
マカナを購入する際に気になるのが価格です。ここでは激安通販が可能な販売店を紹介します。最安値で購入したい方はこちちを参考に!
マカナの製造工程に危険性なし?安全性を徹底調査してみた!
マカナが製造されている工場はGMPで認定された工場なので安全に間違いはありません。GMPというのは入庫から製造、出荷までのすべての工程で、製品が安全で一定の品質が保つように定めれたシステムのことです。
【男性必見】マカナの妊活成分が男性にも効果的な理由!
妊活成分や葉酸と言えば、妊活中や妊娠中の女性が摂取することを進められている栄養素ですが、実は男性にも妊活成分や葉酸は必要と言われています。なぜ男性もマカナを取る必要性があるのでしょうか。
添加物に危険性あり!?マカナの気になる副作用【徹底解説】
妊活用サプリメントとして人気のあるマカナには、妊活に有効とされる成分が入っています。しかし、同時に添加物などが入っていないかが気になるところです。そこで、マカナの添加物とそれに伴う副作用を調べました。