マカナの栄養成分は妊活・妊娠に効果あるのか?

マカナ

マカナが妊活・妊娠に効果があると言われているのは、マカナに含まれている「栄養成分」が関係しています。代表的な成分は、「日本産マカ」「葉酸」。妊娠を望んでいる女性や妊娠期の女性にとって、葉酸は欠かせない栄養成分です。

 

そしてマカも、「妊活の王様」として知られています。他にも、スピルリナ・生姜・GABA・DHA/EPA・ルイボスティーなどを配合。さらに、毎日摂りたい22種類の野菜も含まれており、いかにマカナが妊活・妊娠の強い味方であるかが分かるでしょう。

 

実際、不妊に悩んでいた女性がマカナで続々と妊娠しているという口コミが多数届いています。では、それぞれの栄養成分は一体どんな効果が期待できるのでしょうか?

 

マカナの原材料には何が使われている?全成分を徹底検証!

看護師

サプリメントで気になるのが原材料です。マカナにもいろんな原材料が使われていて、そのなかでも代表的な成分が先にも述べたマカや葉酸などですが、他にも実に多くの原材料が使われています。

 

野菜は22種類で、原材料を見てみると、キャベツ・ブロッコリー・大根・さつまいも・にんじんなどが書かれています。すべて、妊活・妊娠に効果のあるものばかりです。またマカも日本産を使用していますから、安全性が高く無理なく続けることができるでしょう。

 

気になるのは、それぞれの効果や栄養です。なぜ、これらの原材料は妊活・妊娠に効果があると言われているのでしょうか?使われている全成分を徹底検証してみました。

 

マカ粉末(国産)

マカナの主な原材料となっているマカ。日本産のマカ粉末を使用しており、妊活・妊娠の強い味方になります。マカと聞くと「女性のバランスを整えてくれる」イメージがありますが、実際はそういったエビデンスは存在しないといいます。

 

そのため、女性より男性のほうがマカの効果を実感しやすいのですが、女性でもマカに含まれている必須アミノ酸・たんぱく質・ビタミン類・ミネラル・二次代謝産物などが妊活・妊娠をサポートしてくれると言われています。

 

乾燥野菜粉末※以下、れんこんまで全て乾燥野菜粉末

乾燥野菜粉末とは、その名のとおり乾燥した野菜を粉末状にしたものになります。商品によってさまざまな乾燥野菜粉末がありますが、マカナはれんこんまで含んでいるため、実に多くの野菜を使用していることが分かります。

 

しかし、全体の量として考えると決して多いとはいえません。それは、乾燥・粉末にすることで栄養素が逃げてしまっているからです。しかし、添加物の代わりとなっているので安全性は高いでしょう。

 

大麦若葉

大麦若葉と聞くと青汁が思い浮かびますが、妊活・妊娠サプリ「マカナ」にも含まれています。大麦若葉には「葉酸」が豊富に含まれており、妊活・妊娠には欠かせません。実際、妊活・妊娠に青汁が良いと言われていますから、大麦若葉を含んだマカナは非常に高い効果を発揮してくれることになります。

 

大麦若葉は大麦(イネ科の穀物)の若い葉。葉酸以外に、鉄分や食物繊維などの栄養素が含まれており貧血や便秘を改善してくれます。

 

ケール

大麦若葉に続き、ケールも青汁で欠かせない野菜です。青汁の独特の臭みはケールが関係しているのは知っていますか?マカナにもケールが含まれており、あの青臭さはケールも関係しているでしょう。ケールにはビタミンA(βカロテン)が多く含まれており、発育促進や健康な皮膚、視機能、抗酸化作用などの効果があります。

 

そのため、妊活・妊娠をしっかりサポートしてくれるでしょう。しかし少量でも過剰摂取になりやすいので注意が必要です。ただそのまま摂ることは滅多になく、サプリメントや青汁で摂る方がほとんどです。

 

ブロッコリー

マカナには、22種類の野菜がたっぷり使われています。妊活・妊娠のときは十分な栄養が必要です。しかし、なかには好き嫌いで食べられない方もいるでしょう。でもマカナには豊富な野菜が使われているので安心。

 

まず、ブロッコリーです。ブロッコリーには、ビタミンCが非常に多く含まれているのは知っていますか?その量はレモンより多く、ビタミン類が必要な妊活・妊娠には強い味方。さらに、「葉酸」も含まれており、まさに妊娠を望む女性のための野菜といえるでしょう。

 

キャベツ

キャベツはアブラナ科アブラナ属の多年草です。そして、祖先はケールと言われています。いわゆるキャベツは妊活・妊娠に欠かせない栄養素が十分に含まれている野菜なのです。キャベツというと「食物繊維が多い」というイメージが強いですが、こんなにも栄養価が高いなら積極的に摂りたいところ。

 

マカナにはそんなキャベツも原材料に含まれていますから、妊活・妊娠をしっかりサポートしてくれるのでしょう。

 

大根葉

大根葉とは、大根の葉の部分を指します。緑黄色野菜に含まれ、ビタミンCやカリウム、カルシウムなどが豊富。また葉酸も含まれていることから、妊活・妊娠には欠かせないといえるでしょう。マカナでは「野菜22種類」のひとつになり、ビタミンCに至ってはほうれん草の約5.5倍ともいわれています。

 

また鉄分も含み、ほうれん草の約1.5倍と、非常に栄養価が高いといえるでしょう。普段捨てているという方は、ぜひ使ってください。

 

南瓜

南瓜は、ウリ科のカボチャ属。ビタミンとミネラルが豊富なことで知られていますが、そのなかでも代表的な栄養素がβカロテンです。βカロテンは体内でビタミンAに代わり、皮膚や粘膜を守り、免疫力を高めてくれます。

 

またがん予防にも効果があると言われています。そのため妊活・妊娠にも欠かせないでしょう。ただそのままで食べる場合、過剰摂取はビタミンAの摂りすぎになるので注意しなければいけません。マカナなら適量含まれているので安心でしょう。

 

さつまいも(アヤムラサキ)

ひと口にさつまいもといっても種類はさまざまです。マカナでは「アヤムラサキ」と呼ばれる品種を使用しており、果肉が紫色であるのが特徴になります。もっとも多く含まれている栄養素は、アントシアニン。アントシアニンは強い抗酸化作用があることで知られており、老化を防ぐのにもってこいの野菜です。

 

また妊活・妊娠をサポートするビタミンCも豊富。そのまま食べるときは量に気をつけなければいけません。サプリメントならそういった心配がないので安心です。

 

チンゲン菜

チンゲン菜には、豊富なβカロテンが含まれています。βカロテンは、妊娠中に過剰摂取すると赤ちゃんへのリスクが高くなると言われています。とはいえ、妊活・妊娠にβカロテンは必要です。マカナなら適量を配合しているので妊娠期でも安心して摂ることができるでしょう。

 

βカロテンを摂ることで赤ちゃんの発育を促進し免疫力を高めてくれます。過剰摂取しすぎないサプリメントは、妊活・妊娠には欠かせないと言えます。

 

パセリ

パセリもまた、βカロテンを多く含む野菜です。体内でビタミンAに変換し、赤ちゃんの発育や免疫力を高める効果が期待できます。またビタミンKも豊富に含んでいますから、カルシウムを骨に定着させ、健康的な体を維持することができるでしょう。

 

他にも、鉄分やカリウムなどのミネラルも多く、ビタミンCやビタミンEも野菜の中ではトップクラスと言われています。妊娠期のビタミンAの摂りすぎは良くありませんが、マカナならバランス良く含んでいるので安心して摂ることができます。

 

人参

人参といえば、βカロテンを多く含む野菜として有名です。そもそも、人参はカロテンの由来にもなっていますから、どの野菜よりも多くβカロテンを含んでいます。βカロテンは、何度も述べたように体内でビタミンAに変換します。

 

妊活・妊娠のときに摂ることで赤ちゃんの成長をサポートしてくれますが、ビタミンAは摂りすぎると赤ちゃんの成長を妨げ先天異常のリスクを高めると言われていますから注意が必要です。ただし、マカナに含まれている量であれば特に心配する必要はありません。

 

セロリ

セロリには、カリウムが多く含まれており、筋肉を丈夫にしてくれる働きがあります。またビタミンUも含まれ、胃酸の分泌を抑制します。セロリはクセがあるため苦手な方も多いのではないでしょうか。マカナなら22種類の野菜の中に含まれているだけなので、セロリが苦手な方でも安心して摂ることができます。

 

また妊娠中に摂ることで便秘解消・ストレス緩和・冷え性改善・赤ちゃんの先天異常を予防するなどの効果が期待できるでしょう。ただし、セロリのみを摂る場合、過剰摂取すると流産の危険性があるので注意してください。

 

苦瓜

苦瓜とは、ゴーヤのことを言います。ビタミンCが多いことで知られており、加熱しても壊れにくいのが特徴です。独特の苦味があるため苦手な方が多いと思いますが、サプリメントに含まれているので安心して摂ることができます。

 

さらに、妊活・妊娠に欠かせない「葉酸」も多く含んでいます。100gあたり80μgの葉酸が含まれていると言いますから、1日1/5本で十分。他にも、ビタミンKを含んでおり、この栄養素は骨を丈夫にしてくれます。

 

ほうれん草

緑黄色野菜の中でも栄養価が高いと言われているほうれん草。なかでも、ビタミン類とミネラルが多く、さらにβカロテンや葉酸なども含まれており、妊活・妊娠に欠かせないといえるでしょう。ちなみに、ほうれん草で十分に葉酸を摂る場合、200g前後は必要になります。

 

しかし、毎日これだけのほうれん草を食べると、尿路結石のリスクが高くなると言われています。マカナならサプリメントなので安心してほうれん草を摂取できるでしょう。

 

桑の葉

桑の葉に含まれている主な栄養成分は、「ビタミン類」「食物繊維」「カルシウム」「カリウム」「鉄分」などが挙げられます。ビタミン類は、A・B1・B2・E。ビタミンEはケールの10倍の栄養価があることで知られていますが、他の栄養素も他の野菜に比べ含有量が多いと言われています。

 

また桑の葉といえば、1-デオキシノジリマイシンが含まれていますが、この栄養成分は血糖値の上昇を抑制し、抗酸化作用、血圧上昇を予防、便秘解消などが期待できます。

 

モロヘイヤ

モロヘイヤには、ほうれん草の2倍以上のβカロテンが含まれていることで知られています。妊娠期にはβカロテンの摂りすぎは良くないと言われていますが、サプリメントに含まれている量であれば問題ありません。

 

モロヘイヤに含まれている栄養素が活性酸素を抑制し、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣から母胎を守ってくれます。またカルシウムもシラス干しより多く、十分な栄養素を摂ることができるでしょう。

 

よもぎ

よもぎは、キク科ヨモギ属の多年草です。独特の香りが特徴で、お灸としても使われています。もっとも多い栄養素は、食物繊維。よもぎには不溶性食物繊維が含まれており、妊娠期の便秘をすっきり解消してくれるでしょう。

 

また有害な物質を外へ出す働きもあり、妊活・妊娠には欠かせないと言えます。他にも、βカロテンやクロロフィルなども含んでおり、クロロフィルはヘモグロビンの生成をサポートし造血作用があることで知られています。

 

白菜

白菜は、結球・半結球・不結球の3つのタイプに分類されます。他にもさまざまな種類がある白菜ですが、栄養面ではビタミン類とミネラルが含まれています。白菜は、ご存知のとおりほとんどが水分でできているため、他の野菜に比べると目立つ栄養成分は少ないのですが、そのなかでもカリウムやカルシウムといったミネラルが豊富に含まれていると言われています。

 

また生の白菜には、イソロイシンやリジン、メチオニンといったアミノ酸も含まれています。

 

アスパラガス

アスパラガスは、妊活・妊娠に欠かせないと言われているのは知っていますか?もっとも多く含まれている栄養素は、「アスパラギン酸」。疲労を回復させる栄養素で、免疫力を高める効果も期待できるでしょう。

 

そして、「葉酸」です。基本的に葉酸はどの食材にも含まれていますが、そのなかでもアスパラガスは含有量が多いと言われています。その他にも、貧血予防・先天性異常の予防・卵子の発育障害への効果も期待できるでしょう。

 

トマト

トマトといえばリコピンです。リコピンは、カロテンの一種になりますが、βカロテンとは異なります。もちろんトマトにもβカロテンはやや多く含まれています。しかしこのカロテンは、ビタミンAには変化しないものです。

 

活性酸素を減らす働きはβカロテンやビタミンEよりも高いでしょう。さらに13-oxo-ODAはトマトの果汁成分で、脂肪を燃焼させる効果があります。妊娠期にトマトを摂取すると、つわりの抑制が期待でき、葉酸も十分に摂ることができると言われています。

 

野沢菜

漬物用として栽培されることが多い野沢菜。いくつかの品種に分けられ、ほとんどはカブの葉に近いと言われています。野沢菜に多く含まれている栄養素は、ビタミンC・βカロテンなど。先にも述べたように野沢菜はカブの仲間ですから、妊娠期にはおすすめでしょう。

 

ただし漬物で摂る場合、摂取量に気をつけなければいけません。もともとβカロテンは過剰摂取すると赤ちゃんの成長を妨げ先天性異常を引き起こすと言われています。サプリメントなら問題ありませんが、そのまま摂る場合は気をつけましょう。

 

れんこん

れんこんは、大まかに在来種・備中種・中国種・加賀れんこんに分類されます。在来種は細長く少し茶色っぽいのが特徴で、備中種は主に関西を中心に栽培されています。中国種は明治時代から日本に入ってきたれんこん、加賀れんこんは金沢の伝統野菜として有名です。

 

そんなれんこんに多く含まれている栄養素は、ビタミンC。そして、ポリフェノールも多く含まれていることで有名です。れんこんで妊娠期の胃の不調を和らげてくれるでしょう。

 

亜鉛含有酵母

亜鉛含有酵母とは、亜鉛を含んだ酵母のことを言います。酵母培養時に硫酸塩や炭酸塩などの無機ミネラルを取り込ませたもので、ミネラル酵母とも呼ばれています。

 

天然素材の亜鉛は、近年トリブチルスズが検出されるなど、有害成分が濃縮されている可能性が高く、安全面を考慮してサプリメントでは亜鉛含有酵母を使用していることがほとんどです。

 

食品添加物ではないので、安心して摂取できるでしょう。

 

ナイアシンアミド含有酵母

ナイアシンアミド含有酵母とは、ナイアシンアミドを含んだ酵母のことです。ナイアシンアミドとは、ビタミンの一種で、「ニコチン酸アミド」とも呼ばれています。ビタミンといっても水溶性と不溶性に分類されますが、ナイアシンアミドは水溶性です。

 

ビタミンB群のひとつになり、ビタミンとしての機能は基本的に同じです。体の酸化還元反応に関わっており、皮膚や粘膜を正常にしてくれる働きが期待できます。

 

ビタミンE含有植物油

ビタミンE含有植物油とはビタミンEを含んだ植物油のことで、たとえばひまわり油やべに花油、近年流行しているこめ油はビタミンE含有植物油になります。ビタミンEは血液の流れを良くし、老化を防ぐ効果があります。

 

活性酸素の働きを抑えるため、いつまでも若々しい体を維持できるでしょう。妊娠ビタミンと呼ばれているビタミンEで、黄体ホルモンの分泌量や活動を活性化してくれるのが特徴です。

 

金時ショウガ末

生姜の中でも辛味が強いのが「金時生姜」です。この辛味成分はジンゲロールといって、乾燥・加熱でショウガオールに変化します。しかしサプリメントでは乾燥して配合しているため、加熱効果は期待できません。

 

ですから、残念ながらショウガオールを発揮することは難しいでしょう。ショウガオールには体の深部から温める効果があるため、冷え性には必須。サプリメント以外に、生姜を味噌汁に入れて摂ると効果的です。

 

ルイボス茶エキス

ルイボス茶は、カフェインが入っていないお茶です。そのため、妊娠期でも安心して飲むことができます。妊活では他の栄養素に比べると妊娠効果は期待できませんが、摂って損する栄養素ではありませんし、便秘解消や美肌、ダイエットなど女性に嬉しい効果も期待できますからおすすめ。

 

マカナにはルイボス茶エキスとして含んでいますが、通常のルイボス茶のような効果はありませんので別途摂ると良いでしょう。

 

マグネシウム含有酵母

マグネシウム含有酵母は、マグネシウムを含んだ酵母です。マグネシウムはミネラルの一種で、骨や歯を形成するのに欠かせません。妊娠期は特に赤ちゃんへの栄養も考えて摂取しなければいけませんから、安全性の高い酵母と合わせることで十分なマグネシウムを摂ることができるでしょう。

 

ただ主成分にはなっていないため、含有量は多いとはいえません。それでも、豊富な栄養素が含まれているので妊活・妊娠を体の中からしっかりサポートしてくれます。

 

スピルリナ

スピルリナは、藻の一種になります。一番の特徴は、植物性たんぱく質の含有量が多いこと。妊活・妊娠では植物性だけでなく動物性のたんぱく質も必要になりますが、スピルリナは100gあたり57gもの植物性たんぱく質が含まれているので、動物性たんぱく質を意識して摂るようにすると良いでしょう。

 

またビタミンやミネラルなどはそれほど多くありませんから、食事での栄養も考えてバランス良く摂取するようにしてください。

 

GABA

GABAは、アミノ酸の一種です。正式にはY-アミノ酸というアミノ酸で、リラックス効果があるのが特徴になります。妊活・妊娠はリラックスして過ごすことが大切ですから、GABAは欠かせない栄養素といえるでしょう。ただGABAの1日に必要な量は30mg以上。

 

マカナにはそれ以下の配合になるため、バランス的には少なくなります。しかし、GABAが含まれているサプリメント自体少ないですから、そのなかでもマカナは貴重な妊活・妊娠サプリメントといえるでしょう。

 

DHA含有精製魚油粉末(乳成分を含む)/セルロース

DHA含有精製魚油粉末(乳成分を含む)/セルロースとは、DHAを含んだ精製魚油粉末になります。魚油はDHAとEPAが摂れますが、DHA含有生成魚油粉末はDHAを主に含んでいるのが特徴です。妊活にはEPAのほうが適していますから、他の食材で不足している栄養素を積極的に取り入れましょう。

 

ちなみに、DHAやEPAは必須脂肪酸になりオメガ3系脂肪酸に含まれます。卵子の老化を防ぎ、質を高めてくれるのが特徴です。マカナだけでは不十分ですが、他の栄養素とバランス良く含まれているので有難いでしょう。

 

貝Ca

貝Caとは、貝カルシウムのことを言います。カルシウムは、骨や歯を丈夫にする栄養素であることは知られていますが、それだけでなく脳や神経の情報伝達やホルモン分泌の調整などの役割があります。体のありとあらゆる場所に働きかけてくれるため、妊活・妊娠には嬉しいでしょう。

 

貝Caは、貝の化石を数年に渡り風化させ、粉状にしたものになります。貝の化石には高純度のカルシウムが含まれていることから、マカナにも使用されているのでしょう。

 

V.C

V.CとはビタミンCのことです。ビタミンの代表ともいえるV.Cは、免疫力を高めストレスに対抗することができます。要するに、健康な体でいるためには欠かせない栄養素と言えます。V.Cが不足すると、欠乏症や壊血病、皮下出血、貧血、成長不良といった症状の原因になります。

 

ただV.Cは溶けやすいビタミンです。そのため、他の栄養素が必要になるでしょう。マカナには、124.2mgのV.Cが含まれています。

 

HPC

HPCとは、「ヒドロキシプロピルセルロース」のことです。葉酸を繋ぎ合わせるために使用されており、マカナに限らず他の妊活・妊娠サプリメントでも配合されていることが多い成分です。天然パルプを原料としており、2005年から日本でも食品添加物として使われています。

 

サプリメントに含まれている量では危険性はありませんが、大量に摂取するとお腹を壊しやすくなると報告されています。

 

ステアリン酸Ca

ステアリン酸Caとは、ステアリン酸カルシウムのことを言います。ステアリン酸とは、動物性・植物性の脂肪のことで飽和脂肪酸になります。マカナのような葉酸サプリメントでは乳化剤として使われることが多く、混ざりにくいものを合わせる原料になるものです。

 

またCaと表記されていることからカルシウムが摂取できると思われがちですが、ステアリン酸Caの場合は栄養成分とは異なります。安全レベルは問題ありませんが、気になる方は避けたほうが良いでしょう。

 

酸化ケイ素

サプリメントには、酸化ケイ素が含まれていることが多く、毒性はほとんどありません。主にサプリメントの吸湿を防ぐもので、別名「シリカゲル」ともいわれています。葉酸サプリメントでは、吸湿はもちろんのこと製造のろ過で使用されることが多いでしょう。

 

一見すると毒性が高いイメージがありますが、体に吸収されず排出されるので、特に気にする必要はありません。当然ですが、栄養素ではありませんので摂取したからといって特別な効果は期待できないでしょう。

 

ピロリン酸鉄

ピロリン酸鉄は、ひと言でいうと「鉄分」になります。ピロリン酸鉄という名称なのでどんな成分が分からないという方が多いと思いますが、鉄分なので安心して摂ることができます。鉄分は、妊活・妊娠には欠かせない栄養素で、造血や貧血防止に繋がります。

 

特に妊娠期は血液が不足しやすいですから、鉄分の摂取が欠かせません。しかし、マカナは鉄分のサプリメントではありませんから、十分な量は含まれていません。食事などで補うことをおすすめします。

 

パントテン酸カルシウム

パントテン酸カルシウムとは、ビタミンB5のことを言います。いわゆるビタミンの一種になり、カルシウムが付くことからカルシウムが結合されているのが特徴です。ビタミンB5は、皮脂代謝を促進し、皮膚トラブルを改善すると言われています。

 

また水溶性ビタミンなので、過剰摂取しても問題ありません。葉酸サプリメントではビタミンB5として含まれているためカルシウムは栄養成分としては異なりますので間違えないようにしてください。

 

セラック

セラックはシェラックや光沢剤などと呼ばれる、サプリメントに光沢を出すための成分になります。ラックカイガラムシが分泌するもので、東南アジアや南アジアなどで生産されています。葉酸サプリメントでは先にも述べたように光沢剤として使われることが多く、マカナにも含まれています。

 

ツヤが強いサプリメントはほとんどセラックが使われていると考えて良いでしょう。酸化や湿気からサプリメントを守ってくれる働きがあります。

 

グルコン酸銅

グルコン酸銅は食品添加物のひとつです。そのため、摂取したからといって妊活・妊娠に役立つわけではありません。製品を守ってくれるものと考えると良いでしょう。銅塩類としてサプリメントでは強化剤の役割がありますが、無臭なので妊娠期でも無理なく摂取できます。

 

またサプリメント以外にも粉ミルクなどで使われることもあります。赤ちゃんにも害がないため、含まれているからといって心配する必要はないでしょう。

 

V.B6

V.B6とは、ビタミンB6を意味します。水溶性ビタミンの一種で、筋肉や血液を作るのに欠かせません。ビタミンB6が不足すると、皮膚炎や湿疹、貧血といった症状が目立つようになります。女性の場合、生理前の月経前症候群はビタミンB6が不足していることが報告されています。

 

要するに、女性にとって欠かせない栄養素といえるでしょう。サプリメントでは摂りすぎることはありませんが、食事などで摂る場合は、過剰摂取で感覚神経に障害が出ることがあると言われています。

 

V.B12

V.B12は、ビタミンB12です。水溶性ビタミンで、悪性の貧血などに役立ちます。妊娠期は特に貧血に見舞われやすいですから、マカナを摂ることでそれを抑えることができます。またビタミンB12は、葉酸のサポートする働きもあるため、葉酸サプリメントには必要不可欠です。

 

ヘモグロビンの生成を助け、神経を正常にしてくれるでしょう。水溶性ビタミンなので過剰摂取でも十分に吸収されることはありません。そのため、過剰摂取で問題になることはないと言われています。

 

葉酸

マカナといえば葉酸サプリメントですから、葉酸は欠かせません。厚生労働省が推奨している400μgを含んでおり、乱れやすい妊娠期の体を支え赤ちゃんにも良い影響を与えてくれます。葉酸はさまざまな食品に含まれていますが、これらはすべてポリグルタミン酸です。

 

葉酸サプリメントはモノグルタミン酸で、もっとも体内利用効率が高いと言われています。ですから、効率良く葉酸を摂るためにも葉酸サプリメントは欠かせません。

 

ビオチン

ビオチンは、ビタミンの一種です。水溶性ビタミンで食品で手軽に摂ることができます。またビタミンの中でもビタミンB群に属し、皮膚や粘膜の健康を維持し爪や髪にも良い影響を与えてくれます。そのため、不足するとアトピー性皮膚炎や脱毛といった症状が出やすくなると言われています。

 

またうつなどの症状も、ビオチン不足が関係しています。ちなみに、食品ではレバーや卵黄、ししゃも、アサリ、ナッツ類などに多く含まれています。

 

排除された原材料

マカナは、リニューアル前と後では使用している原材料が異なります。着色料・ショ糖脂肪酸エステル・HPMC・加工でんぷんなどが挙げられますが、着色料は白く着色するのを目的に使われていました。発がん性が疑われ危険な添加物の一種になります。

 

ショ糖脂肪酸エステルは、一時期悪い噂が出回っていましたが、そういった事実はありません。しかし避けたい添加物の一種です。HPMCはニオイを抑えるもので安全性に問題はなく、加工でんぷんが合成添加物になります。

 

マカナは栄養機能食品(鉄、ビタミンE)、栄養機能食品とは?

栄養機能食品とは、人が生きていくうえで必要な栄養素のことを言います。科学的根拠が認められている栄養機能に表示されており、ビタミン類はナイアシンやパントテン酸、ビオチン、葉酸などが挙げられます。ビタミンB群も栄養機能食品として認められています。

 

ミネラルでは、亜鉛、カルシウム、鉄、マグネシウム、銅が栄養機能食品になります。栄養機能食品として表示された場合、栄養素の機能を必ず明記する必要がありますが、それ以外にも1日の目安量も注意事項に記載しなければいけません。

 

とはいえ、葉酸のように国が決めた基準に沿っていれば許可は不要です。栄養機能食品の表示があるサプリメントは、安全性が高く妊娠期でも安心して摂ることができます。ただし、あくまで食品ですので医薬品と間違えないようにしてください。

 

特定保健健康食品(トクホ)とは違う?

栄養機能食品は平成27年4月にはじまった「保健機能食品」のことで、トクホと呼ばれる特定保健用食品も同じ制度になります。トクホは商品それぞれに厚生労働省から安全という審査を受けている商品のことで、栄養機能食品とは異なります。

 

栄養機能食品は、先にも述べたようにビタミンとミネラルの決められた種類の中から国が定めた一定量を配合している商品に表示されます。マカナは、鉄・ビタミンEがそれにあたります。同じ保健機能食品に機能性表示食品もありますが、これは科学的根拠をもとに、事業者がパッケージに機能性表示することを言います。

 

サプリメントでも、一般食品と保健機能食品ではやはり価値が違います。

 

栄養機能食品の後ろに(鉄、ビタミンE)と記載されている理由は?

栄養機能食品は、必ず「栄養機能食品(栄養成分の名称)」の記載が必要になります。(参照:栄養機能食品とは)その理由は、消費者が安全に摂取、また選択できるため。表示することでどんな栄養機能食品が含まれているのか分かりやすくなることがもっとも大きな理由になると言われています。

 

ですから、たとえばナイアシンと亜鉛が含まれている場合は、「栄養機能食品(ナイアシン、亜鉛)」と記載することになります。順序は特に決まっておらず、表示していれば問題ありません。マカナは鉄、ビタミンEと記載されていることから、この2つが栄養機能食品であること、そしてその基準を満たしていることが消費者にも十分伝わるでしょう。

 

マカナに原材料や栄養成分で妊娠前(妊活)から必要な分は満たせるのか?

悩む女性

マカナの一番の特徴は、「妊活専門の管理栄養士が配合を考えている」ことです。そのため、マカナの原材料と栄養成分で必要な栄養を十分摂取できると言えます。実際、妊活でマカナを摂り、妊娠した方は少なくありません。(参照:栄養士・管理栄養士とは│全国栄養士養成施設協会‐栄養士・管理栄養士をサポート)

 

妊娠期にもメリットのあるサプリメントではありますが、特に妊活で結果が出るように計算された商品といえるでしょう。そういった理由から、詳細の含有量は社外秘密情報となっています。実際、マカナの公式サイトを見ても、成分の詳細が記載されていません。

 

これは前述のような理由があるからでしょう。また、マカナは先にも述べた栄養機能食品をはじめ、使用しているマカは国産です。葉酸も厚生労働省が推奨している400μgを配合していますから、妊活でも十分満たせるといえるでしょう。

 

原材料や栄養成分に危険性はない!GMPマークを取得済み

赤ちゃん

これまでの説明を見て分かるように、マカナの原材料や栄養成分には危険性がないことが分かりました。では、GMPマークはどうでしょうか?GMPマークとは、Good Manufacturing Practiceの略で、ひと言でいうと「安全が保証された工場で製造されている」ということになります。

 

そのため、GMPマークが付いている商品は安全性が高く安心して摂取できるという意味合いになります。マカナは、このGMPマークを取得済みです。認定工場で製造されていることから、妊活はもちろんのこと妊娠期の敏感な時期でも無理なく飲めるのでしょう。

 

さらに、放射能検査も実施しています。定期的に行われていますので、長期的に見ても安心・安全のサプリメントと言えます。

 

危険性があったり副作用がある商品は国が許可を出さない!厳重管理の自社工場で開発しているマカナは心配なし!

サプリメントを摂るうえで、「安全性の高さ」は重要です。特に妊活や妊娠などの大切な時期は、より安全性の高いサプリメントが求められます。マカナは、厳重管理の自社工場で開発されているため、小さな危険もすぐに見つけ、良いサプリメントをお客さまに提供しています。

 

万が一危険性や副作用があると国か許可を出しませんから、「良いものだけ」が販売されているのでしょう。それは、先にも述べた「GMP認定工場で製造していること」と「放射能検査を実施」していることが大きく関係しています。

 

「管理栄養士」×「高品質」×「オールインワン」。それが、マカナの最大の魅力といえるでしょう。リピート率が高いのも頷けます。

 

まとめ

看護師

いかがでしたか?マカナは、GMP認定工場で製造された、非常に安全性の高い妊活・妊娠サプリメントであることが分かりました。また、栄養機能食品であることから、基準を満たした栄養成分を使用しているのも嬉しいところ。

 

実際、妊活でマカナを摂取し、妊娠したというママは少なくありません。妊娠期にも十分な効果が得られますが、妊活を応援するための葉酸サプリメントということで、不妊治療や妊娠に備えての準備に役立つと言われているのでしょう。

 

高品質×オールインワン×管理栄養士の3つのメリットを兼ね備えたのがマカナです。他のサプリメントとは成分の質が違いますので、妊活・妊娠サプリメントを探している方はぜひマカナを試してみてください。

関連ページ

マカナは楽天から通販できない?購入は【ココ】がおすすめ!
【楽天】日本の通販サイトの大手と言えば楽天市場。妊活サプリ「マカナ」を楽天から購入しようと考えた方も多いでしょう。しかし、購入するなら楽天ではなく【ココ】が最もおすすめです。
【マカナ】主成分の『マカ』は妊活効果なし?科学的根拠を徹底解説!
妊活サプリの「マカナ」に含まれるマカの妊活効果はどの程度あるのでしょうか?マカの効果についてここでは科学的根拠を用いて徹底解説します。
マカナの販売店は【2つ】だけ!公式とamazonどっちがお得?
販売店がたくさんあるのでどこで買うか悩みますよね。妊活サプリ「マカナ」の販売店で有名なのは公式とamazon(アマゾン)。どちらで購入するのがお得なのでしょうか。徹底解説します!
マカナは飲みにくい?味やニオイはどう?【サプリの形状を徹底検証】
妊娠中はサプリメントの飲みやすさは非常に重要です。飲みにくいものは味やニオイが悪い可能性があります。では妊活サプリ「マカナ」はどうなのか解説します。
マカナは返品可能なの!?定期購入を簡単に解約する方法【徹底解説】
一度購入してあわない場合に返品できれば購入も手軽に試せます。解約する方法もわかればやめるときの心配もいりません。今回はマカナを購入した後に問題になってくる返品や解約について解説します。
【保管場所に注意】マカナの賞味期限も必ずチェックして!
意外と忘れがちな妊活・葉酸サプリの保管場所。マカナも食品なので保管場所や賞味期限には注意しないといけません。正しい保管方法を解説します。
マカナの販売元「株式会社ニューアクション」の【評判】を暴露!
妊活サプリのマカナを販売しているのは、株式会社ニューアクションが作ったNA-shop(エヌエーショップ)という販売店です。そんな販売店の評判を調査しました。
マカナは効果なし!?真相を徹底調査【実際の口コミ15選】
大人気の妊活サプリ「マカナ」ですが、妊活に効果はあるのでしょうか。実際に購入された方の口コミを徹底調査しました。
マカナの激安通販【最安値で購入できる販売店はココでした】
マカナを購入する際に気になるのが価格です。ここでは激安通販が可能な販売店を紹介します。最安値で購入したい方はこちちを参考に!
マカナの製造工程に危険性なし?安全性を徹底調査してみた!
マカナが製造されている工場はGMPで認定された工場なので安全に間違いはありません。GMPというのは入庫から製造、出荷までのすべての工程で、製品が安全で一定の品質が保つように定めれたシステムのことです。
【男性必見】マカナの妊活成分が男性にも効果的な理由!
妊活成分や葉酸と言えば、妊活中や妊娠中の女性が摂取することを進められている栄養素ですが、実は男性にも妊活成分や葉酸は必要と言われています。なぜ男性もマカナを取る必要性があるのでしょうか。
添加物に危険性あり!?マカナの気になる副作用【徹底解説】
妊活用サプリメントとして人気のあるマカナには、妊活に有効とされる成分が入っています。しかし、同時に添加物などが入っていないかが気になるところです。そこで、マカナの添加物とそれに伴う副作用を調べました。
妊娠中のビタミンAの心配なし!マカナは鉄も含む葉酸サプリ【安心】
妊娠中のビタミンAの過剰摂取は赤ちゃんの奇形の原因になります。マカナはそんなビタミンAも含んでおらず、逆に栄養に必要な鉄を配合している優秀な葉酸サプリです。